サイトの収益化

グーグルアドセンスの審査が厳しい?300以上審査を通した方法と落ちたときの対処を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回はアドセンスの審査基準や申請方法、落ちた時の対処法も紹介していきます。
『楽に合格できた』『審査基準が厳しくて合格できない』など様々な声があるのがこのアドセンス審査です。
合格するためには自分のサイトから受からない要素を排除することが重要です。
これから申請する、申請したけど落ちてしまった場合は是非参考にしてみてください。

 

アドセンスとは?

 

「Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは、自分のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスのことです。

WEBサイトやブログにGoogleの広告を設置し、設定した広告がユーザーにクリックされると広告収入が入ってくるという仕組みになっています。

 

アドセンス

 

このような広告を他サイトでもみたことはないでしょうか?
この広告がクリックされると収入が入ってきます。

アドセンスの概要については別のページでも解説しています。
詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→グーグルアドセンスってどんな広告?収益や仕組みについて解説!

 

アドセンスの審査基準

 

「審査」の画像検索結果

 

審査基準

 

アドセンスに受かるためにはどのような基準をクリアすればいいのでしょうか?

Googleのプログラムポリシーは必ず守るべきでしょう。
アドセンスを合格するうえで抑えたいポリシーは

・コンテンツ ポリシー
・AdSense プログラム ポリシー
・ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン

この3つとなります。

 

合格するためには?

 

合格するためには実際にアドセンスに合格した人のマネをすれば無難でしょう。
実際に参考にするところはブログの記事数や文字数、開設から審査までの期間などです。

 

ちなみに筆者がアドセンスに合格したときのブログのステータスは

  • サイトジャンル 雑記サイトブログ開設時 2018年7月25日
  • 申請時の記事数 15
  • アドセンス申請日 2018年8月11日
  • 1記事の平均文字数 約1200~1400
  • 合格通知日 2018年8月13日

 

となっています。

 

あとは記事の内容が読んでいるユーザーの役に立つかという視点を持っているかも大切です。
記事を読んだおかげで悩みが解決した、新しい知識を得たなど読み手のメリットを与える記事を
書いてアドセンスに申請すれば合格する確率も圧倒的に高くなるでしょう。

 

アドセンスの審査の出し方

 

申請方法の手順

 

ここでは具体的な申請方法を画像付きで紹介します。

 

アドセンスに申請するためにはGoogleアカウントを持っている必要があります。

まだGoogleアカウントを持っていない場合はGoogleアカウントを新規作成し、ログイン状態にしておきます。
既にアカウントを持っている場合はログインします。ログイン済みの場合は次へ進みましょう。

 

「お申込みはこちら」をクリック。

 

アドセンス

 

 

Googleアドセンス審査申請用に作成したブログのURL先程作成した
Googleアカウントのメールアドレスを入力します。メールを受け取るか受け取らないかはどちらでも構いません。入力が完了したら「保存して次へ」をクリック。

アドセンス

 

「国または地域を選択」の項目で、リストから「日本」を選択してください。
入力完了したら「アカウントを作成」をクリックします。

お客様情報の入力以下の画面が出ますが、「次へ」をクリックして次へ進みます。

 

アドセンス

 

「次へ進む」をクリックして次へ進みます。

 

アドセンス

 

 

住所氏名と電話番号を入力します。スマホの番号で大丈夫です。入力が完了したら「送信」をクリックします。

 

アドセンス

 

電話番号の確認が必要になります。SMS(ショートメール)での確認を選択して
「確認コードを取得」してください。

 

アドセンス

 

電話番号の確認とGoogleからの6ケタの確認コードを受け取って確認をします。
ショートメール(SMS)が受け取れない電話の場合は、「通話」を選択してください。
音声から6桁の数字が流れてくるので聞き取って画像の箇所に入力しましょう。

 

これでアドセンスへの申請は完了です。あとは合格することをお祈りしましょう。

 

審査が落ちた場合の対処法

 

せっかく申請したのに落ちてしまった…。落ち込むのも無理ありません。
もし落ちてしまった時は以下の項目を入れ忘れたか確認してみてください。

 

規約違反がないか確認

 

どんなに記事を頑張って書いてもアドセンスの審査に落とされてしまうという話をよく耳にします。
もし審査に落ちてしまった場合は一度規約違反がないか自分のサイトをもう一度見直しましょう。

すぐ見直したほうが良いのがプライバシーポリシーに違反していないかです。

・コンテンツ ポリシー
・AdSense プログラム ポリシー
・ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン

特にコンテンツの内容は審査基準に大きくかかわってくるので規約に反しているコンテンツを
掲載している場合は記事を削除するか非公開にして審査に出すなどの対策を取りましょう。

 

運営者情報などの必要な情報の確認

 

アドセンス審査には運営者情報を掲載することを推奨されています。

運営者情報に必要な情報は

・自身の名前(ハンドルネーム可能)
・問い合わせ用のメールアドレス

この2つです。下のように記載されていれば基本的には問題ありません。

アドセンス

運営者情報について詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→アフィリエイトで運営者情報は必要?設定する理由や作り方を解説!

プライバシーポリシーの掲載

審査に合格しない人の中にプライバシーポリシーを掲載していないケースがあります。
プライバシーポリシーを掲載していないとアドセンスの審査にはまず合格しません

【プライバシーポリシーについて】の内容をそのままコピーしてそれ用のページを作成すればOKです

プライバシーポリシーの内容はこちらです。

プライバシーポリシーの作成方法も解説しています。
詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→アフィリエイトのプライバシーポリシーとは?作り方を解説!

コンテンツの質を上げる

コンテンツの質を上げるというのはユーザーの役に立つ情報を提供する記事を心がけているかということです。

 

例えばカレーの作り方を紹介しているページあったとして、ただ作り方しか書いていない記事よりも
よりカレーをおいしくするオススメのスパイスが書いてあったり、火の加減でコクがどう変わるかなど
他のサイトにはない情報を記載してあるとよりオリジナリティがありGoogleからの評価が高くなります。

最初はオリジナリティを出すことが難しいと感じるでしょう。ですがユーザーの目線に立ち読む人がどんな情報を欲しがっているかということを常に念頭において記事を更新すれば、自然とコンテンツの質を高まっていくのでまずは記事を更新する癖をつけましょう。

 

サイトの質を上げる

 

サイトの質を上げるにはカテゴリー分けやグローバルメニューなどサイトそのものの使いやすさを
高めることです。

グローバルメニューとはHPの上位部分に表示されるメニューのことです。

アフィカレのHPでいうとこの赤い部分を指します。

 

アドセンス

 

そして自分の知りたいページにすぐ飛べるようにカテゴリーを分けて利用する人の利便性を
高めることもサイトの評価を上げるには重要になるでしょう。上位表示されているサイトは
利便性が高いものばかりなので是非参考にするとよいでしょう。

まとめ

 

アドセンスの審査基準はあいまいな部分が多いのは事実ですが合格するうえで押さえるべきポイントは
どのサイトも共通しています。

押さえるべきポイントに注意し記事を更新すればいつか合格できるので根気よく続けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐ「考え方とノウハウ」をメール無料講座で提供しています



様々な思いから「アフィリエイトをやってみよう」という方は数多くいます。
しかし、現状は「アフィリエイトに挑戦して結果を出せる人は5%に満たない」と言われています。


そこで、様々なアフィリエイトを研究し結果を出してきた僕たちが、人生を変えたいと思っている方々に向けて

  • アフィリエイトで結果を出すために必要な考え方

  • 1ヶ月で10万円を稼ぐノウハウ

  • 大きく分けて2種類に分かれる、結果を出せるアフィリエイトの選び方


など、5年以上に渡るアフィリエイトのノウハウを公開しています。
メールによるマンツーマンでのアドバイスもあるので、躓いても一緒に歩幅を合わせて学べるサポート付きです。

ぜひ、無料で学べる「アフィリエイト集中講座」を活用してアフィリエイトの基本を学んでみてください。

アフィリエイト集中講座はこちら

コメントを残す

*