サイトの収益化

クリック率(CTR)の意味とは?広告ごとの平均や特徴も解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

広告のクリック率(CTR)とは?

CTRとは、Click Through Rateの略で、日本ではクリック率やクリックスルー率と呼ばれます。

クリック率は、広告のクリック数を表示回数で割った値です。計算式は
クリック数 ÷ 表示回数 = クリック率(CTR)で表わされます。

例えば表示回数が 100 回でクリック数が 5 回の場合、
5÷100=0.05 クリック率は 5% と計算します。

基本的にWeb広告では表示回数に対し、クリック率が
高ければ高いほど効率の良い広告と位置づけることができます。

クリック率はどれくらいであるべきか?

結論から言うとクリック率に関してはどれくらいあればいいか具体的な数字があるわけではありません
載せている、載せたい記事の需要、時期等の様々な要素で常に変化があるからです。

例えば【痩せる サプリ】というキーワードを設定するとします。そしてターゲットにしている人を
『楽して痩せたい人』としましょう。

ですが中にはジムにも通っていて本気でボディメイクしている人も一定数います。

設定したキーワードから広告文として『1週間で-5kg!?楽すぎてヤバい!!』
にすれば『楽して痩せたい人』がクリックしますが
『1週間で-5kg!?理想の体を目指すなら○○』という広告文だと
ジムに通っているストイックな層、狙ったターゲットからズレた層までクリックしてしまう恐れがあります。

確かに後者の方がどちらの人もクリックしてくれるでしょう。
ですがターゲットを絞った前者の方が成約率は高そうですよね?

更に注意しないといけないのは‘誤クリック‘です。
ディスプレイ広告ではクリック率が違和感のあるくらい高い場合
この誤クリックが発生し無駄な広告費が発生している可能性が高いので注意しておきましょう。

以上のことから様々な理由が絡むので具体的に理想な数字が
あるわけではないことがわかります。

広告ごとのクリック率の違い

広告を効率よく運営し成果を出すには各種類ごとのクリック率や特徴を
理解しなければなりません。

あなたのサイトとの相性や狙っているターゲット層によって
使い分ける広告の種類は変わってきます。

なので目標の収益を達成するにも各広告のクリック率や
特徴をしっかりおさえておきましょう。

アドセンス

一般的には約1%と考えられます。

『アドセンス クリック率』で検索し、
様々なサイトを参考に計算した結果1%が妥当かとみうけられます。

アドセンス広告のクリック率を上げるには、どんな広告を掲載するかや
広告をどの位置に掲載するかなどの試行錯誤が必要になります。

そのため運営しているサイトなどの相性に個人差があるため
断定的な表現ができないのが現状のアドセンス広告です。

 

リスティング広告

 

アドセンスやこれから紹介するディスプレイ広告に対して
1番クリック率が高いとされるのがリスティング広告です。

検索キーワードに、狙ったターゲットに対して広告を出稿するので、クリック率含めコンバージョン率も
他2つに対して高い傾向にあります。

ですが競合に対する差別化や広告文、ABテストなど満足のいく運営をするには
時間もかかるため難易度が高いのも事実です。

 

ディスプレイ広告

 

ディスプレイ広告はアドセンスより平均クリック率が高いといわれています。

ディスプレイ広告とは、webサイトやアプリ上の広告枠に掲載することのできる広告です。
主にGoogleやYahoo!のサービスや提携サイトに表示されます。

低いクリック単価で多くのユーザーへ多彩なアプローチできるので
ディスプレイ広告の方がリーチを広げやすいです。

よって多くの人の目に留まりやすい可能性が高いので
ディスプレイ広告はアドセンスより平均クリック率が高い確率と考えられます。

ですがリスティングよりもターゲットが絞り辛く予想してない不特定多数の人にも
クリックされる恐れがあるので注意が必要です。

 

まとめ


クリック率が高いに越したことは間違いありません。

ですが経費や期待する利益率によって欲しい数字が変わってきます。

なのであなたの運営するメディアに合わせてどの広告を
使用するかを見極めることが重要になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*