SEO対策

イベントアフィリエイトとは?メリットや収入、やり方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトでアクセスを集める方法はたくさんあります。
数ある方法がある中でも今回解説をするイベントアフィリエイトは、比較的アクセスを集めやすくSEOの知識も身につけられるというアフィリエイトになります。

イベントアフィリエイトのやり方やメリットなどを具体例を用いながら解説をしていきます。

イベントアフィリエイトとは?


イベントアフィリエイトとは、お祭りや催し物などのイベントをネタのキーワードとして記事を作成してアクセスを集めていく手法です。

イベントアフィリエイトとはどのような手法であるか、実例を交えて3つのポイントに分けて解説をしていきます。

お祭り、催し物などのイベントに関するキーワードでアクセスを集める

イベントアフィリエイトはお祭りなどの行事を記事のキーワードとしてアクセスを集めていきます。

イベントは日本だけではなく、世界中に無限にあります。
ネタが尽きて困ることもないですし、イベントそのものは既に需要があるキーワードなのでアクセスも集めやすくなります。

また、その季節や時期に合わせたイベントであればトレンド的な要素もあるため、より多くのアクセスが集まりやすくなります。

どのようなイベントが適切なのか、下記に一例をまとめました。

・お祭り

  • イルミネーション
  • ハロウィン
  • フェス
  • 紅葉
  • クリスマス
  • 花火大会

あくまでも一例ですが、これらのイベントはいたる所で毎年行なわれています。

1年間でどのような祭りがあるのかということを、自宅の近所などの身近なところからリサーチしてみてください。

イベント(催し物)の情報であれば何でも良い

イベントの記事を作成するためには、どこでどのようなイベントが開催されるのかというキーワードをリサーチする必要があります。
しかし、身近なお祭りはだいたい把握しているとしても、他のお祭りは「どこから情報を取ればいいのかわからない」という方もいると思います。

しかし、イベントの情報は思っている以上に手が届くところにたくさん落ちており、例えば

  • るるぶ.com
  • じゃらんnet
  • ウォーカープラス
  • BIGBLOG旅行
  • まつりーと

など、休日の旅行にいく際に利用したことがあるようなサイトからも情報を集めることができます。

また、イベントであればネタは本当に何でも構いません。
お祭りということに捕われるのではなく「イベント」であれば何でも良いので、ネタは無限に集められるはずです。

イベントアフィリエイトの実例

イベントアフィリエイトでお祭りの記事を作成した場合の実例を紹介します。
実物の記事を見ていただければ、イベントアフィリエイトのイメージが掴みやすくなるはずです。

ちょいプラ 「熱田祭り2018の屋台の場所は?屋台の数や時間も紹介!」

上記の「熱田祭り」というイベント記事は、実際に検索で1位を取った記事になります。

この記事を例に構成について解説していきます。

タイトル

「熱田祭り2018の屋台の場所は?屋台の数や時間も紹介!」

主な構成

  • 熱田祭り2018の屋台とは?
  • 熱田祭り2018の日程とアクセス
  • 熱田祭り2018の花火は?
  • 熱田祭りとは?
  • 最後に

キーワード

  • 熱田祭り
  • 屋台
  • 2018
  • 花火
  • 日程
  • アクセス

お祭りの記事は競合サイトが多い場合があります。

この記事のようにキーワードとなる言葉をタイトルだけではなく、見出しや本文中に入れることで様々なキーワードからの流入が見込めるようになります。

また、メインキーワードである「熱田祭り」に加え、「屋台」などの複合キーワード(サジェスト)を意識して書くことで記事そのものの評価が上がります。

このように記事のキーワードをうまく選定すること、内容を出来るだけ深く充実さえるように記事を作成することによって、検索での上位表示も狙いやすくなります。

イベントアフィリエイトの収入は?どれくらい稼げる?

どんなジャンルのアフィリエイトでも気になる部分は「どれくらい稼げるのか」ということだと思います。

ここでは、イベントアフィリエイトの収入面について解説をしていきます。

Googleアドセンスの1クリックの相場

イベント系の記事を書く際の収益源は、トレンドアフィリエイトと同様にGoogleアドセンスになります。

他の案件も絡めることも可能ですが商品が出てくるような記事ではないため、アドセンス以外のマネタイズは少し難しいです。

イベントアフィリエイトの記事のアドセンスがクリックされた場合の報酬の相場は、1クリック約20〜30円前後が相場と言えます。

これはあくまで平均ですので誤差はありますが、記事のジャンルが雑記系になるので平均的といえば平均的です。

PV数から考えるアドセンスの収入

PV(ページビュー)とは、訪問者がページを開いた回数のことを言います。

アフィリエイトはPVをどれだけ集めるかによって収入がかなり変動します。
一般的に1クリックが得られるPV数は100PVに1回前後と言われています。
※クリック率(CTR)=1%前後

PV数をいくら集めることができれば、どれくらい収入が入ってくるのかをわかりやすくまとめたものを作成したので、以下をご覧ください。

今回の場合は
1.1クリック=30円
2.クリック率(CTR)=1%
と仮定します。

100PVの場合 100PV×1%(0.01)×30円=30円

  • 1,000PV = 300円
  • 10,000PV = 3,000円
  • 50,000PV = 15,000円
  • 100,000PV = 30,000円
  • 250,000PV = 75,000円
  • 500,000PV = 150,000円
  • 1,000,000PV = 300,000円

 

イベントアフィリエイトだけで会社員と同じ位の収入を得るには、70〜100万PVは必要でしょう。

ただし、この収入はアドセンスのみの数値です。
アドセンス以外の収入も増やすことができれば、集めるべきPV数は2/3〜半分程度になるので思っている以上に果てしない数字ではありません。

イベントアフィリエイトのメリット

ここでは、イベントアフィリエイトのメリットについて解説していきます。

イベントアフィリエイトにはどのようなメリットがあるのか、代表的な例を4つまとめました。

イベントは世界中でたくさんある

イベントというのは日本だけに限らず世界中どこにでもあります。

ですので、ネタが尽きることもないため「書くことがなくて悩む」という事がなくなります。

ネタで悩むことがないということは、無駄に手を止めることも減るということにも繋がります。

戦略を練ればアクセスを集めるのが簡単

イベント系のネタは1年を通して、だいたいが決まった時期に開催されます。

なので、前もってキーワードを選定し構成をしっかりと練って記事を作成することができますし、1度上位を取ることができれば次の年もアクセスを集めることもできるようになります。

基本的にはイベント開催日の1〜3か月前には記事を投稿できとベストです。

情報が調べてできる範囲

お祭りなどのイベント情報はだいたい調べて対応できる範囲の情報です。
公式サイトや旅行サイト、ウィキペディアなどネットひとつで情報を入手して記事作成ができます。

また、他人と差をつけた記事を作成したい場合はイベントの主催に電話して聞いてみたりすることによって、記事の内容で他と差をつけることができます。

記事が資産となる

イベントアフィリエイトは作成した記事ひとつひとつが資産になります。
トレンド系の記事であればアクセスが単発で終わってしまうので中々資産になる記事を作るのは難しいですが、イベントの場合は次の年も使えたり長期的なアクセスを見込めるので価値のある記事を作ることができます。

イベントアフィリエイトのデメリット

では、次はトレンドアフィリエイトの代表的な2つのデメリットについて書いていきます。

どのようなデメリットがあるのか以下にまとめました。

・1記事のアクセスはイベント開催日だけになりがち
・記事を作成するのに時間がかかる

 

以下では、これらについての解説をしていきたいと思います。

1記事のアクセスはイベント開催日だけになりがち

イベントの記事は資産にはなりますが、アクセスが集まるのは開催日に偏りがちです。
そのため、公開している記事数が少ない場合はある一定期間しかアクセス数を伸ばせません。

出来るだけ多く記事を公開して、色々なタイミングでアクセスを集められるようにする必要性があります。

記事を作成するのに時間がかかる

イベントアフィリエイトは必ずといっていいほど公式サイトや旅行サイト、類似のアフィリエイトサイトなどライバルのサイトが並んでいます。

ライバルがいる中で、自分が作成する記事を上位に表示させるのは簡単ではありません。
しかし、作成する記事を検索の上位に出そうとするためには
しっかりとキーワードを選定し
戦略を練った構成を考え
情報の網羅性を意識した内容で
記事の実を担保していく
という、ひとつひとつの記事を大切にして作成していく必要があります。

そして、あれこれやっていくうちにイベントの記事の場合は時間がかかっている事が多いです。

イベントアフィリエイトの始め方、やり方

これまでの流れでイベントアフィリエイトがどのようなものなのかを理解できたはずです。
イベントアフィリエイトは専門性も低く、初心者の方は非常に始めやすいものです。

どのようなアフィリエイトをすればよいのかわからない方は、試しに取り組んで見るといいかもしれません。

ただ、始めようと思ってもアフィリエイトを始める前の準備をしていかなければいけません。

ここでは、イベントアフィリエイトをするためのやり方、始め方について書いていきます。

サーバーを準備する

サーバーというのは、インターネットなどのサービスを提供するコンピュータのことをいいます。
簡単にいうと、ホームページなどのデータを保存しておく場所のことです。

トレンドアフィリエイトをするためには、まずサーバーを準備する必要があります。
レンタルサーバーであれば月に500円ほどで準備することができますので、まずはサーバーを準備する事から始めましょう。

レンタルサーバーは月に500円で機能性抜群かつ、簡単に登録できるwpXクラウドサーバーを使うとよいでしょう。
サーバーについて詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→WordPressに適したサーバーの選び方とおすすめのレンタルサーバー

ドメイン準備する

ドメインとは、ホームページアドレスのことを言います。
よく使用されているのが、「◯◯.com」「◯◯.jp」「◯◯.net」などがあります。

サーバーをレンタルした後はドメインを取得し、自分だけのホームページアドレスを作っていきます。

ドメインはwpXクラウドサーバーを準備する流れで一緒に準備しておくのが楽ですので、下記の記事を参考にドメインを準備しておきましょう。
ドメインについて詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→独自ドメインの取得方法とレンタルサーバーへの設定方法

ワードプレス準備する

次に導入するのがWordPressです。

WordPressとは、ブログを作成するためのシステムのことです。
このWordPressでできることは、記事の作成であったりホームページの模様替えであったりと様々なことができるようになります。

WordPressもサーバーやドメインを準備する際に、一緒の流れで準備しておいたほうが楽です。
下記の記事を参考にWordPressの準備もしておきましょう。
WordPressについて詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→WordPress(ワードプレス)とは?サイト運営初心者に向けた徹底解説
→WordPressのインストール方法とログインパスワードの変更方法

まとめ

今回は、イベントアフィリエイトについてまとめてみました。

1年を通してイベントというものは世界中どこでもあります。
時期を問わずネタも集めやすく、事前に記事を投稿することができるため時間に追われることもありません。
コツコツ貯めていける人にはピッタリのアフィリエイトです。

イベントアフィリエイトをやってみようと考えた方は、ぜひ挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐ「考え方とノウハウ」をメール無料講座で提供しています



様々な思いから「アフィリエイトをやってみよう」という方は数多くいます。
しかし、現状は「アフィリエイトに挑戦して結果を出せる人は5%に満たない」と言われています。


そこで、様々なアフィリエイトを研究し結果を出してきた僕たちが、人生を変えたいと思っている方々に向けて

  • アフィリエイトで結果を出すために必要な考え方

  • 1ヶ月で10万円を稼ぐノウハウ

  • 大きく分けて2種類に分かれる、結果を出せるアフィリエイトの選び方


など、5年以上に渡るアフィリエイトのノウハウを公開しています。
メールによるマンツーマンでのアドバイスもあるので、躓いても一緒に歩幅を合わせて学べるサポート付きです。

ぜひ、無料で学べる「アフィリエイト集中講座」を活用してアフィリエイトの基本を学んでみてください。

アフィリエイト集中講座はこちら

コメントを残す

*