サイトの作り方

GoogleAnalytics設定方法と自身のアクセスの除外方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログやウェブサイトを運営するのに欠かせないのがアクセス解析です。

このページでは、アクセスを解析をするために必要になる、Google Analyticsの設定方法について解説していきます。

もしあなたがそもそもGoogle Analyticsとは何かどのように設定すればいいのかという疑問を感じているのであれば、ぜひこの記事を活用してください。

Google Analyticsの概要と役割

Google Analyticsとは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールのことです。

Google Analyticsに自分の運営しているサイトを登録すると、アクセス数などのデータを抽出して把握できるので、そのサイトの運営に活かすことが出来ます。

アクセス解析

サイト上で訪問者がどんな動きをしているのかを見極め、運営側がしてもらいたい行動(購入、登録など)をどのようにすれば達成できるのかを解析することができるのです。


Google Analyticsで出来ることはたくさんありますが、主に使用するデータはこちらです。

  • サイトにアクセスしたユーザー数
  • ページが何度見られたか(ページビュー)
  • ユーザーがどの国や地域からアクセスしているか
  • ユーザーの利用しているデバイス
  • ユーザーがどのページ(別のサイトやSNS)から来たか
  • ユーザーがどんなキーワードで検索したか


このように、Google Analyticsを導入することによって、サイト運営に有益な様々な情報を得ることができるようになります。

Google Analyticsを利用する必要性

今の時代は多くの人がWebで情報を検索します。

Webサイトで企業について調べたり、ショッピングサイトで買い物をしたりします。


サイトの使い勝手が悪ければ、ユーザーはすぐにそこから離れてしまいます。

つまり、サイトをより使いやすくすれば、売り上げや業績が伸ばせるということです。


その際に必要になってくるのがアクセス解析です。

ユーザーがサイト内でどんな動きをしているのかを知ることが出来れば、適切な位置にボタンを配置してクリックしてもらったり、一番見せたいコンテンツに誘導することができます。


下記は、Google Analyticsの一部の確認できるデータです。

1.セッション セッションとは、ユーザーがサイトに訪れて去るまでの一連の行動のことです。
そのサイトにユーザーが何回訪れているのかを知ることが出来ます。
2.ユーザー サイトを訪れたユーザーの数です。
3.ページビュー数 サイト内のページが表示された回数です。
4.ページ/セッション 1セッションあたり何ページが見られているかがわかります。
「ページビュー数÷セッション」で割り出されます。
5.平均セッション時間 1セッションの平均時間を示します。1セッションで、ユーザーがどのくらいの時間サイトを見ているかがわかります。
6.直帰率 直帰とは、サイトにアクセスして1ページしか閲覧せずにそのサイトを離れてしまうことです。
直帰率は、全体のセッションのうち、どのくらいの割合で直帰しているかを示すものです。
7.新規セッション率 新規セッションは、はじめてそのサイトを訪れるユーザーのセッションです。
新規セッション率はすべてのセッションのうちの新規ユーザーの割合を示します。
新規セッション率が高ければ新規ユーザーが多く、低ければリピーターのアクセスが多いということになります。

これらを知るだけでもサイトの状況やユーザーの行動がわかります。
それを元にサイトの問題点などを洗い出し、より良いサイトに作り替えることができます。

Google Analyticsの設定方法

Google Analyticsを設定するにあたって、Google Analytics側にはサポートがありません。

そのままでは初心者には少しだけハードルが高いかもしれませんので、ここでGoogle Analyticsの初期設定方法を紹介します。


導入は大きく分けて3つのステップで出来ますので、やってみましょう。

GoogleAnalyticsの設定方法

ステップ1. Googleアカウントを作成

Google Analyticsに登録するには、Googleのアカウントが必要です。

Gmailや他のGoogleのサービスを利用している場合は、そのアカウントが利用できます。

もしGoogleのサービスを利用するのが初めてであれば作成しましょう。
グーグルアカウント作成画面

3つの情報を入力すれば、作成できます。

  • 氏名
  • ユーザー名
  • パスワード

ステップ2. Google Analyticsに登録する

Analyticsの登録画面にアクセスします。
Analytics登録画面

ページの右上に「無料で登録」というボタンがあるのでそちらをクリックします。

 

「サイトのトラフィック分析を3ステップで開始できます」と表示されたページが開きますので、右側の「登録」というボタンを押します。

 

サイト情報を入力する画面になりますので、必要な情報を入力していきます。

Analytics設定

①トラッキングの対象 「ウェブサイト」を選びます。
(初めから選択されています)
②アカウント名 後から変更できます。

複数登録する場合を考えて、わかりやすい名前を付けておいてください。

サイト名で問題ありません。

③ウェブサイトの名前 自分のサイト名を入力します。
④ウェブサイトのURL 「http://」か「https://」のどちらかをプルダウンで選択し、それ以降のサイトURLを入力します。

間違えないように注意しましょう。

⑤業種 一番近いと思う業種を選択します。

もしどれにも当てはまらなければ「その他」を選択すれば、問題ありません。

⑥レポートのタイムゾーン 住んでいる国を選択します。
⑦データ共有設定 デフォルトではすべてにチェックが入っています。

よくお読みになり、共有したくないものはチェックをはずしましょう。

特に気にならないのであれば、そのままで問題ありません。
アナリティクス設定

ここまで入力が終わりましたら、一番下にある「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。

次のページで「UA」から始まるトラッキングIDが発行されます。

ステップ3. トラッキングIDの設置

表示されたページで、使用するのは「トラッキングID」です。

Googleアナリティクスの導入方法はいくつかありますが、今回はワードプレスのプラグインを使用して導入する方法を紹介します。

プラグインを使用すると簡単に設定できるのです。


使用するプラグインは「All in One SEO Pack」です。


All in One SEO Packのプラグインをインストールし、有効化します。

All in One SEO Packの一般設定を選択します。
Analyticsの設定

Google設定に、GoogleアナリティクスIDを入力する箇所があります。

そこに取得した、自分のトラッキングIDを入力し、「設定を更新」をクリックします。

データが取れているか確認

トラッキングIDを貼り付けたら、きちんと反映されているか確認しましょう。


Google Analiticsにログインした後、左下の管理(歯車のマーク)をクリックして管理画面を出します。

プロパティの列にある「トラッキング情報」をクリックして、トラッキングコードをクリックします。

そこでステータスが「データを受信しています」と表示されていれば設置完了です。

自身のアクセスを反映させない設定方法

サイトを運営するには、ページを編集したり確認したりと自分で自分のサイトにアクセスすることが多くなります。

すると、アクセス解析のデータにも自分の訪問が記録され、正確な解析ができなくなる恐れがあります。

特に立ち上げたばかりのサイトでは、ほぼ自分のアクセスということになるでしょう。

それを回避するために、自分自身のアクセスを反映させない方法があります。


WordPressの管理画面から「All in One SEO Pack」の一般設定を選択します。

Google設定の中に、「トラッキングからユーザーを除外」をという項目があります。

その中の「Administrator」にチェックを入れ、「設定を更新」をクリックします。
アナリティクス設定

これで、WordPressにログインした状態で記事を見てもアクセス換算されなくなりました。


ただし、これはログインしている状態で見た場合のみ除外されます。

なので、自分で記事を確認する際はログインしてから行いましょう。

最後に

自分のサイトにどのくらいのユーザーが訪問して、どのような行動を取っているのかを知ることができれば、改善点や伸ばしていくポイントがわかります。

サイト運営に有益なアクセス解析をするために、Google Analyticsを活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*