SEO対策

SEOを意識したキーワードのリサーチ方法、選び方と重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOを意識したサイトを作る時に「キーワード」という要素は重要です。

例えばあなたがこれから「早く起きる 方法」のように2語を合わせたキーワードの記事を書くとしましょう。
2時間で早く起きるための方法についてリサーチを終え、3時間かけて記事を書きました。

無事に検索結果で上位を取ることが出来て、サイトへの集客は完了しました。

と、ここで似たキーワードに「早く寝る 方法」というものがあります。
もしもあなたが「早く起きる 方法」では無く「早く寝る 方法」というキーワードを選択し同じように検索結果で上位を取った場合、「早く起きる 方法」の2.3倍の集客力がありました。

もしこの事実を知らずにあなたが放置しているとしたら、大きな損をしているように思いませんか?

この記事でわかる内容

キーワードを選ぶ流れ

先程の例のように、キーワードのリサーチや選び方1つであなたの作るアフィリエイトサイトの集客力は大きく変わります。
同じライティング方法、そして同じ時間や労力でサイトを作っても、キーワード選定のノウハウを知らないだけで数倍以上の差が付きます。

キーワード リサーチ 選び方

SEOにおいてのキーワードの大切さはこのぐらいでわかって頂けたでしょう。
早速キーワードリサーチ・選定の方法について解説していきます。

キーワードを選ぶ時にすべき工程は大きく3つあります。

  1. 市場を決める
  2. キーワードをリサーチする
  3. リサーチした中から書くキーワードを選ぶ

1つ目から見ていきましょう。

市場を決める

闇雲にキーワード選んでも成功はあり得ません。
まずは市場を決める必要があります。

例えば、車査定の案件に取り組むために、新しい車種について解説するサイトを作る。
ダイエットのサプリメントの案件のために、女性のコンプレックスについてのサイトを作る。
GoogleAdSenseで収益を得るために、話題の芸能人についてのサイトを作る。

など、大まかにでも市場を考えることは大切です。

キーワード リサーチ 選び方 市場

本来はこの市場決めが非常に難しい内容ですが、それに悩んで動き出せ無くなっては本末転倒です。

キーワードをリサーチする

市場を決めたら、それに関連するキーワードをリサーチします。

例えば、車についてのサイトであれば車に関連したキーワードをリサーチしていきます。

リサーチは様々な方法がありますが、私のおすすめは下記の2つ、もしくはどちらも使ったものです。

  • キーワードプランナー等のツールを使ったリサーチ
  • 競合サイトからのリサーチ

まず、キーワードプランナー等のツールを使ったリサーチから説明します。

キーワードプランナーとは
Googleが提供するキーワードの検索ボリュームや関連キーワード等を調べることが出来るツールのこと。
→キーワードプランナーの使い方と検索ボリュームの調べ方

検索ボリュームとは
GoogleやYahooなどの検索エンジンで該当のキーワードが検索された回数。


キーワードプランナーでは指定したキーワードの関連キーワードを調べることが出来ます。

キーワード リサーチ 選び方 キーワードプランナー

例えば、「アクア 燃費」というキーワードを入力すると、それに関連しているであろうキーワードである「アクア 新型」や「アクア 価格」などのキーワードがリサーチ出来ます。



更におすすめなのは競合サイトからのリサーチです。

競合サイトは見ている記事以外にも多くの関連記事を書いている可能性が高く、関連したキーワードのリサーチをすることができます。

中でも、企業や公式の団体が運営しているサイトでは無く、同じアフィリエイターや個人が運営しているサイトを探しましょう。

サイト内の情報や見た目から、個人が運営しているサイトはすぐに見分けがつくようになります。

キーワード リサーチ 選び方 競合サイト

企業や公式の団体が運営しているサイトは信頼性や権威性がありSEO評価が高いです。
つまり同じキーワードを狙っても、同様の結果は出しづらいでしょう。

その点個人が運営しているサイトは信頼性が低くSEO評価は元々低かったはずです。
評価の低かったサイトが上位表示出来ているキーワードは、あなたのサイトでも上位表示できる可能性が高いです。

ですから参考になる競合サイトを見つけて、そこからキーワードを見つけるのがおすすめです。

キーワード リサーチ 選び方

リサーチしたキーワードはキーワードプランナーで検索ボリュームを調べておきます。
エクセルやスプレッドシートにまとめておくと便利です。

この時に、

  • キーワードの検索結果の競合サイトの強さ
  • リサーチの参考にした競合サイト

なども併せて記入しておきましょう。

その他にもキーワードをリサーチする方法があります。
詳しくはこちらの記事で解説しています。
→Googleサジェストの使い方とアフィリエイトへの活用方法
→Googleトレンドの使い方とキーワードの規模を調べる方法

書くキーワードを選ぶ

リサーチしたキーワードの中から実際に書くキーワードを選んでいきます。

基本的にはサイトの評価・サイトの運営期間などに合わせたキーワードを選んでいくようにしましょう。

キーワード リサーチ 選び方

運営期間が短くPV数やサイトの評価も少ない内に、検索ボリュームの多いキーワードや競合サイトが強いキーワードを選んでしまうと検索結果の上位に上がる可能性は非常に低いです。

まとめ

キーワードのリサーチ方法や重要性についてお話をしました。

SEOを意識し検索の上位を取るためには記事の質やドメインレベルも大切ですが、

キーワードリサーチはそのメディアの命運を分ける重要な要素の1つです。
感覚でキーワードを選んでしまうと、競合サイトや検索ボリュームの規模によっては全く意味の無い記事を書くことになります。

「なぜこのキーワードを書くのか」という理由を明確にしていくことで、効率の良いサイト作成が出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐ「考え方とノウハウ」をメール無料講座で提供しています



様々な思いから「アフィリエイトをやってみよう」という方は数多くいます。
しかし、現状は「アフィリエイトに挑戦して結果を出せる人は5%に満たない」と言われています。


そこで、様々なアフィリエイトを研究し結果を出してきた僕たちが、人生を変えたいと思っている方々に向けて

  • アフィリエイトで結果を出すために必要な考え方

  • 1ヶ月で10万円を稼ぐノウハウ

  • 大きく分けて2種類に分かれる、結果を出せるアフィリエイトの選び方


など、5年以上に渡るアフィリエイトのノウハウを公開しています。
メールによるマンツーマンでのアドバイスもあるので、躓いても一緒に歩幅を合わせて学べるサポート付きです。

ぜひ、無料で学べる「アフィリエイト集中講座」を活用してアフィリエイトの基本を学んでみてください。

アフィリエイト集中講座はこちら

コメントを残す

*