SEO対策

ロングテールキーワードとは?稼げる金額やメリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトでは、記事でアクセスを集める方法はたくさんあります。

今回解説していくロングテールキーワードは、様々なスキルが必要な高度なものです。
その分、やり方が掴めると応用がききやすく稼ぎ続けやすいものになります。

では、実際にロングテールキーワードとはどんなものなのか、やり方やメリット・デメリットについて解説していきます。

ロングテールキーワードとは?

どんなもの?

ロングテールキーワードを簡単に説明すると、複数単語のキーワードのことです。

こう聞くと難しく感じるかもしれませんが、普段何か調べ物を行う際はGoogleやYahoo!に何か単語(キーワード)を入力して検索すると思います。

調べることが具体的なことの場合は、入力する単語も検索する意図が明確なものになりますよね。

その入力した単語がロングテールキーワードなのです。



具体例を上げて、ロングテールキーワードがなんなのかを考えてみましょう。

例えば、健康診断で高血圧だと判定されてしまったとします。
このままでいいとは思えないので、どうにか血圧を下げる方法を探していくと思います。

漠然と血圧を下げたいと考えると「血圧を下げる」と、GoogleやYahoo!で検索するでしょう。

その検索結果は、

  • 血圧を下げる6つの裏技
  • 血圧を下げるための食生活
  • 高血圧の原因はカチカチの血管?

など、様々出てきます。

これでも知りたい情報が知れるかもしれません。

ただ、より自分が知りたい情報を正確に知ろうと考えることは、普通ですよね。
その際に例えば「自炊しているし食生活を改善して血圧を下げよう」と考えたとしたら、検索するキーワードは「血圧を下げる 食事 自炊」などとしていくと思います。

そうすると検索結果は、血圧を下げるために自炊できる食事についてだけの情報が出てきますよね。


「血圧を下げる」だけの検索は、血圧を下げる何が知りたいのか、検索意図がはっきりしていません。

逆に「血圧を下げる 食事 自炊」は、検索意図がはっきりしていますよね。

これが『ロングテールキーワード』なのです。

ロングテールキーワードではどれくらい稼げる?

稼ぐ

どんなジャンルのアフィリエイトを行なっていく上でも、『どれくらい稼げるのか』が1番気になる部分だと思います。

ここではロングテールキーワードの収益面について解説していきます。

収入源の広告は2種類

ロングテールキーワードの記事には、2種類の広告を使用していくことが可能です。

上手く組み合わせると、より大きな報酬を稼いでいくことができるでしょう。


1つ目は、トレンドアフィリエイトやイベントアフィリエイト同様に『Googleアドセンス』での収益化です。

Googleアドセンスのクリック単価は、記事のジャンルによって大きな差があります。

美容・健康系でしたら20円前後ぐらいですが、金融系になると50〜100円ほどになることもあるんです。

クリック単価だけを考えると金融系などがいいですが、専門知識がないとアクセスを集めていくのが難しい場合が多くなります。

クリック単価は高いほうが稼げますが、それだけを重視して記事のジャンルは決めないほうが懸命ですね。


2つ目は、記事内容に合わせた『成果報酬型広告』での収益化です。

こちらはASPと提携し、記事内で紹介していく案件を選んでいきます。

そしてその案件に記事内で誘導していき、商品購入やサービスが利用されると報酬が発生するんです。

案件によって報酬額は様々で、数百円のものから10,000円を越えるものまであります。

ロングテールキーワードの場合は、Googleアドセンスではなく成果報酬型広告で稼いでいくことを考えたほうが、高い報酬額が狙えますよ。

「ASPって何?」と思った方はこちらから。
→ASPとは?ASPの特徴や仕事を解説
→アフィリエイト玄人がオススメするASP15選!悩むならまずはここを登録!


  • 案件を紹介できる記事は『成果報酬型広告』
  • 案件を紹介できない記事は『Googleアドセンス』

このように記事に合わせて、収入源を変えていくのがおすすめです。

PV数から考える収入額

PV(ページビュー)とは、訪問者がページを開いた回数のことを言います。

Googleアドセンスの場合は、一般的に100PV=1クリックと言われています。

なので、1クリックの単価が20円の場合、1クリックで20円が相場です。
これで1PV=0,2円ですね。

この条件で100,000円稼ぐためには、500,000PVほどが必要になります。

PV数を増やせば増やすだけ、収入を増やしていくことが可能なのです。


成果報酬型広告の場合は、記事の内容や案件の報酬額によってPV数からの収入額が変わります

案件に上手く誘導することができなければ、10,000PVでも収益は0円のまま。
逆に上手に記事の作成ができれば、1PVで10,000円ということもあるんです。

ただ、1PV=1円は十分に狙える金額ですよ。
そこまで持っていくことができれば、100,000円稼ぐためには、100,000PVあればいいと考えられますね。


Googleアドセンスと成果報酬型広告を上手く組み合わせて、目標収入を達成していきましょう。

ロングテールキーワードのメリット

SEO対策をしていく上で、ロングテールキーワードには様々なメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか、代表的な例を5つまとめました。

  • ほぼ不労で稼げるようになる可能性がある<
  • 読み手が魅力的に感じる
  • 作成者が読み手の気持ちを掴みやすい
  • 多くのキーワードが見つかる
  • 競合が弱め

以下では、これらについて解説していきます。

ほぼ不労で稼げるようになる可能性がある

ロングテールキーワードには、今年だけ検索されて来年は検索されないというものもありますが、通年で検索されるキーワードを選んでいくことが可能です。

毎年検索されるようなキーワードで、検索順位の上位に表示させることができれば、ずっとアクセスを集めてくれる記事になる可能性があります。

検索順位が下がった時やより上位にあげるために、メンテナンスは行なっていくので不労にはなりません。
ただ、少しのメンテナンスでアクセス数を維持できる記事もあります。

ロングテールキーワードを行う1番のメリットは、これかもしれませんね。

読み手が魅力的に感じる

ロングテールキーワードは、検索意図が明確になっているキーワードです。

そのため、そのキーワードを意識してタイトルや記事を作成すれば、記事自体が検索意図を正確にくみ取ったものになります。
読み手に魅力的な記事を作成することができるのです。

魅力的な記事はクリックされやすい、最後まで読まれやすい。
その結果、アクセス数にもSEO対策にも繋がります。

作成者が読み手の気持ちを掴みやすい

記事の作成者も、読み手の気持ち、悩みを理解した上で作成を行うことができます。

そのため、作成する際にこれらを考えやすくなります。

  • どんな内容で書いていけばいいのか。
  • どんな風に寄り添って書くべきなのか。
  • どこまでの情報があるといいのか。

結果、読み手が必要だと思う記事の作成ができるのです。

多くのキーワードが見つかる

ロングテールキーワードは、複数の単語を組み合わせたキーワードです。

なので、狙ったキーワードの記事を作成しようと考えたら、たくさんのキーワード候補を上げることができると思います。


例えば、『休日 過ごし方』というキーワードから派生させたとしても

  • 休日 過ごし方 社会人
  • 休日 過ごし方 一人
  • 子供の休日 過ごし方 ランキング
  • 社会人休日 過ごし方 ランキング
  • 休日 過ごし方 カプセル

などなど、たくさん出てくるのでキーワード候補を見つけやすいんです。

競合サイトが弱め

複数の単語で成り立っているロングテールキーワードは、競合サイトが弱いことが多いです。

ロングテールキーワードは、検索数が少ないことが多いのです。
そのため、作成している記事数が少なかったり、検索結果で上位表示されている記事もそこまで作り込んでいないことがあります。

しっかり作成すれば、比較的上位表示させやすい市場ですよ。

ロングテールキーワードのデメリット

嬉しいメリットがありましたが、やはりデメリットもあるのです。

どのようなデメリットがあるのか、代表的なものを3つまとめました。

  • サイト構成がばらばらになりやすい
  • 専門的知識が必要なジャンルがある
  • 検索ボリュームが少ない

以下では、これらについて解説していきます。

サイト構成がばらばらになりやすい

あまり考えないで作り始めてしまうと、サイト構成がばらばらになってしまうことです。

ロングテールキーワードは、多くのキーワード候補が見つけることができるとお話しました。
だからこそ、しっかり考えなかったりリサーチを怠ると、類似記事だらけになってしまうこともあります。

内容が似た記事が同じサイトにあると、記事の順にが上がりにくくなります。
さらに、Googleからの評価も良くないので、検索順位の上げにくさに繋がります。


このデメリットをなくすには、徹底したリサーチを行う以外にありません。

サイト構成の考え方を1度学んでおくと、リサーチの大切さが分かりますよ。
→サイト構成

専門的知識が必要なジャンルがある

選ぶキーワードによっては、専門的な知識がないと作成が難しいことがあります。

特に医療系に関しては、医師の監修や実際に看護師として働いていた経験などがないと書けないことが多いです。

またGoogleも、そのような信用性の高い記事を評価する傾向にあります。

どんなジャンルの記事を更新していくかを考える際には、自分が専門的知識を持っているものか、専門的知識がなくても作成できるものを選ぶといいですね。

絞り込んだキーワードなため検索ボリュームが少ない

ロングテールキーワードは、複数単語のキーワードになっています。

そのため、検索ボリュームは少ないことが多いです。
月間で100もないような検索ボリュームのキーワードも多くあります。

1記事で集められるPV数は、そこまで伸びない場合が多いのです。

ロングテールキーワードの始め方

パソコン

これまでの内容で大体、ロングテールキーワードがどういうものなのか、なんとなく理解できたでしょう。

どんな風に自分の記事が表示されていくのかは、実際に行なってみないと分かりません。
試しに行なってみるのもいいと思います。


ただ、記事作成を始める前にサイトの準備をしていかなければいけません

ここでは、ロングテールキーワードの記事作成を始めるための準備について書いていきます。

サーバーを準備する

サーバーというのは、インターネットなどのサービスを提供するコンピュータのことをいいます。
簡単にいうと、ホームページなどのデータを保存しておく場所のことです。

トレンドアフィリエイトをするためには、まずサーバーを準備する必要があります。
レンタルサーバーであれば月に500円ほどで準備することができますので、まずはサーバーを準備する事から始めましょう。

レンタルサーバーは月に500円で機能性抜群かつ、簡単に登録できるwpXクラウドサーバーを使うとよいでしょう。
サーバーについて詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→WordPressに適したサーバーの選び方とおすすめのレンタルサーバー

ドメイン準備する

ドメインとは、ホームページアドレスのことを言います。
よく使用されているのが、「◯◯.com」「◯◯.jp」「◯◯.net」などがあります。

サーバーをレンタルした後はドメインを取得し、自分だけのホームページアドレスを作っていきます。

ドメインはwpXクラウドサーバーを準備する流れで一緒に準備しておくのが楽ですので、下記の記事を参考にドメインを準備しておきましょう。
ドメインについて詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→独自ドメインの取得方法とレンタルサーバーへの設定方法

ワードプレス準備する

次に導入するのがWordPressです。

WordPressとは、ブログを作成するためのシステムのことです。
このWordPressでできることは、記事の作成であったりホームページの模様替えであったりと様々なことができるようになります。

WordPressもサーバーやドメインを準備する際に、一緒の流れで準備しておいたほうが楽です。
下記の記事を参考にWordPressの準備もしておきましょう。
WordPressについて詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→WordPress(ワードプレス)とは?サイト運営初心者に向けた徹底解説
→WordPressのインストール方法とログインパスワードの変更方法

ロングテールキーワードの記事作成の流れ

では、実際にロングテールキーワードの記事を作成する際の流れを解説していきます。

ここでは、すでにどのようなジャンルのサイトにするのか、どんなカテゴリーを作っていくのかは考えた後とします。


まずは、作成するキーワードを選定を行なっていきます。
これはサイト構成を作る際に、キーワードの書き出しを細かく行なっている場合は、その中から選べば大丈夫です。

競合になりそうな記事のリサーチを行い、検索結果の上位表示がさせられるかを確認していきましょう。


次は、実際に記事を作成をします。
他の記事よりも詳しく、分かりやすく記事作成を意識して行います。

自分が作成した記事ならではの、独自性のある内容も書けるようにしていくといいですね。


記事を作成していく時の注意点として、タイトルには必ずキーワードを入れることです。
このキーワードで作成しているというのを分かりやすくするため、検索結果で上位表示を狙うためにも、必ずロングテールキーワードを全て入れていきます。


ここまでできて記事が完成したら、記事を公開していきます。


その後は、自分の記事がキーワードで何位に表示されているのかを確認をしながら、記事のメンテナンスを行って順位を上げていきます。

1度、検索結果の上位に表示されたら安心というわけではありません。
上位表示されても、下がってしまうこともあります。

順位の確認は定期的に行い、1位に表示させることを目指してメンテンスを行っていくといいです。

メンテナンスは記事を検索の上位に維持するためにとても大切な工程です。
メンテナンスについて詳しく知りたい方は、下記のページを参考にご覧ください。
→アフィリエイトで記事をメンテナンスすべき具体例と方法とは?

まとめ

今回は、ロングテールキーワードについて解説していきました。

1年中検索されるキーワードも多くあります。
検索結果で上位表示を箚せ続けることができれば、安定してお金を稼いでくれる記事にすることも可能です。

完全に不労にすることはできませんが、「不老で収入を得たい」と考えている方にピッタリなキーワードですよ。

「ロングテールキーワードで狙ってみよう」と考えた方は、ぜひ挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐ「考え方とノウハウ」をメール無料講座で提供しています



様々な思いから「アフィリエイトをやってみよう」という方は数多くいます。
しかし、現状は「アフィリエイトに挑戦して結果を出せる人は5%に満たない」と言われています。


そこで、様々なアフィリエイトを研究し結果を出してきた僕たちが、人生を変えたいと思っている方々に向けて

  • アフィリエイトで結果を出すために必要な考え方

  • 1ヶ月で10万円を稼ぐノウハウ

  • 大きく分けて2種類に分かれる、結果を出せるアフィリエイトの選び方


など、5年以上に渡るアフィリエイトのノウハウを公開しています。
メールによるマンツーマンでのアドバイスもあるので、躓いても一緒に歩幅を合わせて学べるサポート付きです。

ぜひ、無料で学べる「アフィリエイト集中講座」を活用してアフィリエイトの基本を学んでみてください。

アフィリエイト集中講座はこちら

コメントを残す

*