SEO対策

SEOとは?SEO対策に対する基本の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
WEB業界または企業のWEB担当者には馴染み深い言葉かもしれません。


しかし、言葉を知っている人でさえもSEOの全貌を理解するのは難しいでしょう。
この記事ではSEOとは何か、そして基本的なSEO対策を解説していきます。

SEOとは

まずはSEOという言葉の意味について解説します。

SEOは3つの単語からなる略語です。

「Search Engine Optimization」(サーチ エンジン オプティマイゼーション)

これらの頭文字をとってSEOと呼びます。

Search Engine(サーチエンジン:検索エンジン) =GoogleやYahooなどの情報を検索するシステムのこと。


Optimization(オプティマイゼーション:最適化) =対象のものを最も良い状態にすること。

SEOとは

つまり「検索エンジンでの最適化を行うこと」をSEO対策。
そして「GoogleやYahooで自分のサイトが上位に表示されるようにしよう」というのがSEO対策の最大の目的と言えます。

SEOとは

SEO対策の基本

SEO対策と一括りに呼ぶことが多いですが、その手法は多岐にわたります。

例えば、基本的にWEBサイトはHTMLと呼ばれるコードによって作られますが、正しいHTMLを正しい順番で記述することもSEO対策の一部と言えます。

また、書いた記事に価値を感じたユーザーが他のサイトや自分のサイト・SNSにリンクを貼るように促すこともSEO対策と言えるでしょう。

SEOとは 内部SEO 外部SEO


上記はほんの一例ですが、前者(HTMLの記述など)を内部SEO対策、後者(ユーザーがリンクを貼るよう促す)を外部SEO対策と呼びます。

内部SEO対策

内部SEO対策とは、

「そもそもWEBサイトの構造やページの内部がちゃんとしているか」

ということを意識した対策方法です。



先程WEBサイトはHTML等によって作られていると解説しましたが、HTMLには基本的な構造があります。
GoogleやYahooなどの検索エンジンは、それらのHTMLに含まれる情報を評価の一部としています。

もちろんそれが評価ポイントの全てではありませんが、内部SEOをおろそかにしていると大きな損をしているのは確かなことです。

SEOとは 内部SEO

  • クローラー(Google)が巡回しやすいサイト設計
  • titleタグ
  • metaタグ
  • 画像のalt属性

など、内部SEOには非常に多くの要素が関連してきます。

かなり上級者向けの内容のため、内部SEOに関してはこちらの記事で詳しく解説します。
→記事作成の手順と流れ。質の高い記事の定義とは?

1つ1つを紐解いていくと内部SEO対策はかなり膨大な量ですが、シンプルに言えば「正しいHTMLの記述とサイト設計をしよう」ということです。

もしアフィリエイトにWordPressを利用する場合、現在のWordPressと提供されているテーマはほとんどが内部SEOに配慮した作りになっています。

そのため、初心者の場合はWordPressなどのブログサービスを利用すれば心配はいらないでしょう。

外部SEO対策

内部SEOに対して外部SEO対策は困難かもしれません。

というのも外部SEO対策とは、

「WEBサイトのユーザーや他のサイトに有益なのか」

ということを基準とした対策方法です。


例えば同じキーワードで似た内容、わかりやすさも同じぐらい、内部SEOも正しく対策されているサイトが2つあったとしましょう。

唯一違うのは他者からの評価です。
片方はSNSでたくさんシェアされ大手企業を含む多くのメディアが引用したり、リンクを貼っています。(他サイトに自分のサイトのURLを貼ってもらうことを被リンクと言います)
もう片方はSNSのシェアも他サイトからの被リンクも皆無です。

さあどちらに良い評価をしようと思うでしょうか。

SEOとは 外部SEO

当然、他者から良い評価を受けている方(画像内ではWEBサイトA)を選ぶはずです。

Googleなどの検索エンジンも当然同じように評価します。

つまり、

  • SNSに投稿する環境を整える
  • 見たユーザーがシェアしたくなる話題性のあるサイトを作る
  • 他のサイトが引用したくなるような信頼性のあるサイトを作る
  • 他のサイトと提携する

などが基本的な外部SEO対策にあたります。

外部SEO対策は難しいですが、WEBサイトの検索エンジンからの評価を大きく上げるには欠かせないものです。

これからのSEO対策

SEOに関する情報は年々新しくなっています。
Googleはユーザーの検索による体験を向上させるために日々アップデートを繰り返しているからです。

つまり、過去に有効とされていたSEO対策も現代では全く役に立たないということもあり得るのです。

例えば過去にはこんな対策が有効とされていました。

  • 大量のリンクを貼って被リンク効果を狙う
  • サイト内に関連するキーワードを大量に入れる

しかし、現在これらのSEO対策に全く意味は無いと言っても過言ではありません。

「それではアフィリエイトを始める時にどんなSEO対策をすれば良いのかわからない」という方も多いでしょう。

例えば私がこの記事を書いた時と、あなたがこの記事を見ている時ではGoogleの検索アルゴリズムは違っているかもしれません。

SEOとは Google アルゴリズム



では、どんなSEO対策をしていけば良いのでしょうか。
今後もずっと変わらないSEO対策が1つだけあります。

「Googleはユーザーの検索による体験を向上させるために日々のアップデートをしている」という事実を忘れないことです。

つまり、自分の記事はユーザーにとって価値のあるものか。(嘘や足りない情報では無く、信頼性があり満足のいく情報か)
ユーザーが快適な閲覧が出来る環境か。
ユーザーが知りたい情報がひと目見てどこにあるかわかるか。

SEO対策

これらを意識していけば、必然的にそれはSEO対策に結びついています。

「ユーザーに親身になってサイトを作ることが最強のSEO対策」だと念頭においておきましょう。



逆に「これはユーザーの邪魔になるな」「これはユーザーに良い影響を及ばさないな」と感じることは、現代のSEO対策には必要無いと考えてもらっても構いません。

更に、近年有効だとされている「コンテンツSEO」についてはこちらの記事で具体的に解説していきます。
⇒アフィリエイトサイトで行うべき「コンテンツSEO」とは

SEO対策の本質は「良質なコンテンツ」を作ること

現代のSEO対策の基本は「ユーザーを第一に考えたサイト作り」だと解説しました。
つまり、ユーザーにとって「良質なコンテンツ」を届けることがSEO対策だと言えます。

では、なぜ良質なコンテンツを作ることがSEO対策になるのか考えたことはありますか?

「Googleが提唱しているから」

という抽象度の高い理由だけでは無く、更に具体的に紐解いていきましょう。

Googleが評価するポイント

まずは「Googleが何を評価しているのか」を知ることから始めましょう。

Googleはサイトを評価するポイントを全て明確にしているわけではありませんが、検索品質評価ガイドライン(英語のみ)などで一部を明らかにしています。

また、日々WEBマーケティングの専門家達が研究を重ねていますから、それを元に評価されるポイントを見ていきましょう。

  • サイトの専門性,権威性,信頼性(E-A-Tと呼ばれるもの)
  • 被リンク(他のサイトからのリンク)
  • 情報の信頼性,専門性
  • サイトの目的(ユーザーの目的)を達成しているか
  • 執筆者(ページ作成者や運営会社)の評判,情報
  • 高品質なメインコンテンツの量
  • わかりやすさ

先程紹介した検索品質評価ガイドラインなどを読むと上記のようなポイントが評価されると言われています。

SEO対策で検索順位が上がる仕組み

それではGoogleを含む検索エンジンが評価しているポイントを知った上で、あなたのサイトの検索順位が上がる仕組みを理解しておきましょう。

これはGooglegが明らかにしているわけでは無く、私達がアフィリエイトをしてきた経験からの推測も含んだことですが、後々のキーワード選定や記事作成において非常に重要です。

まず、SEO対策でGoogleに評価されるタイミングは大きく2つに分けることが出来ます。

  • インデックス直後
  • ある程度記事が読まれた後

SEOとは 検索順位

上記の2つがGoogleが評価するタイミングと言えます。

インデックス直後

まず、インデックス直後の評価について説明します。

インデックスについては「サイトの作り方」で説明していますが、簡単に言えばGoogleにあなたのサイトを認識してもらい、検索結果にサイトを反映してもらうことです。

このタイミングでは、主に下記のようなポイントで検索順位が決められると推測できます。

  • サイトの専門性,権威性,信頼性(E-A-Tと呼ばれるもの)
  • 執筆者(ページ作成者や運営会社)の評判,情報
  • 検索キーワードと記事内容や記事内キーワードの相関性 …など

つまり、大半はサイトや執筆者自体の評価による部分が非常に大きいです。

それは新しくアフィリエイトを始める人にとっては不利ですが、Googleからすれば「どこの馬の骨かもわからない誰か」が書いた記事がユーザーの役に立つのかわかりませんから当然でしょう。

この時点で人気の検索キーワードで上位に上げることが出来る可能性は非常に低いです。

逆にサイトや執筆者の評価以外の要素、キーワード選定と記事作成が非常に重要なことがよくわかります。


ある程度記事が読まれた後

次に、ある程度記事が読まれた後の評価についてです。

このタイミングでは、主に下記のようなポイントで検索順位が決められると推測できます。

  • 被リンク(他のサイトからのリンク)
  • 情報の信頼性,専門性
  • サイトの目的(ユーザーの目的)を達成しているか
  • 高品質なメインコンテンツの量
  • わかりやすさ

つまり、実際に記事が読まれた後の他者の評価がそのまま検索順位に反映されやすい傾向にあることがわかります。

「わかりやすさ」や「サイトの目的(ユーザーの目的)を達成しているか」というポイントは人それぞれなので基準がわかりづらく感じます。

そこで指標となるのが、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールで計測できる項目です。
Googleアナリティクスでは「PV数」や「滞在時間」など、Googleサーチコンソールでは「クリック率(CTR)」や現在の検索順位などを見ることができます。

例えば、PV数が多く集まっているのに滞在時間が極端に短い場合は「ユーザーが記事の内容に満足では無い」ことがわかります。

恐らく、信頼性のある情報や知りたい情報が見当たらなかったり、内容が分かりづらく見るのをやめてしまっていると推測できますね。

仮にユーザーが知りたい情報を書いてあったとしても、それがページの一番下にだけ書いてあったらユーザーは見つけることが出来ず見るのをやめてしまったかもしれません。

つまり、内容の修正や構成の変更が必要ということですね。

こうした内容の修正や構成の変更方法については、このサイト内では「メンテナンス」と呼びこちらの記事で解説しています。
→アフィリエイトで記事をメンテナンスすべき具体例と方法とは?

更に、記事が高品質でわかりやすい「ユーザーが求めるぴったりのサイト」だった場合は、SNSによる拡散や他のサイトによる被リンクで更にSEO評価は上がっていきます。

SEOとは SNS 被リンク

また、この時点であれば実際に記事を読んだ人の評価が反映されやすく、サイトや執筆者の評価が低い状態でも人気キーワードで上位に上げることが可能です。

狙った検索キーワードで表示されるサイトの中で、最も高品質でわかりやすいサイトを作ることができれば必然的に検索順位も上がっていくでしょう。

SEO対策で意識すべき3つのまとめ

ここまでSEO対策に関して解説をしてきました。

SEO対策は非常に奥深く、まだ解説したのは本当に触りの部分だけです。
すべきことはとても多く、初心者の方には難しく感じるでしょう。

そこで、全ては出来なくとも常に意識をして欲しい3つのことをご紹介します。

  1. 出来るだけ正しい方法で書くこと
  2. ユーザーがどう思うかを想像すること
  3. 同じようなサイトや市場の中で最も高品質な記事を目指すこと

「この3つのことを追求しよう」と意識をしておくだけで、確実に今までよりも良いサイトが出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐ「考え方とノウハウ」をメール無料講座で提供しています



様々な思いから「アフィリエイトをやってみよう」という方は数多くいます。
しかし、現状は「アフィリエイトに挑戦して結果を出せる人は5%に満たない」と言われています。


そこで、様々なアフィリエイトを研究し結果を出してきた僕たちが、人生を変えたいと思っている方々に向けて

  • アフィリエイトで結果を出すために必要な考え方

  • 1ヶ月で10万円を稼ぐノウハウ

  • 大きく分けて2種類に分かれる、結果を出せるアフィリエイトの選び方


など、5年以上に渡るアフィリエイトのノウハウを公開しています。
メールによるマンツーマンでのアドバイスもあるので、躓いても一緒に歩幅を合わせて学べるサポート付きです。

ぜひ、無料で学べる「アフィリエイト集中講座」を活用してアフィリエイトの基本を学んでみてください。

アフィリエイト集中講座はこちら

コメントを残す

*