SEO対策

無料で使えるUbersuggestとは?使い方と検索ボリュームの調べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ等で執筆テーマを決めるのに欠かせない作業が、キーワード選定です。
ユーザーの検索ニーズを正しく捉えているかどうかが、検索で上位に表示されるかの分かれ目となります。

検索ニーズを把握するために、キーワードの検索ボリュームとサジェストキーワードを効率よく集めたい。
しかし、ネット上には様々なツールが数多くあります。

今回はその中でもオススメのツール「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」をご紹介します。
実際の使い方やメリットを1つ1つ解説していきます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)とは?

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)とは、NEIL PATEL社が提供する無料のキーワードサジェストツールです。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

ウーバーサジェスト


NEIL PATEL社の設立が2017年のため、まだこのサービスを知らない人も多いかもしれません。

GoogleのKeyword Planner(キーワードプランナー)が2016年夏に仕様を変更し、サジェストキーワードの検索ボリュームの詳細が見れなくなりました。
このタイミングでUbersuggestが登場したことが、Webマーケターの注目を集めた1つの要因となっているのかもしれません。

またUbersuggestはバージョンアップを経ており、現在のUbersuggestはver.2.0のようです。

NEIL PATEL社のブログでも使い方を紹介しています。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の特徴

現在のUbersuggestでは、

  • 対象のキーワードの検索ボリューム、月別の検索数
  • サジェストキーワードとその検索ボリューム、トレンド(月別の検索数の傾向)
  • キーワードのCPCと競合度合い
  • 対象のキーワードで検索上位を獲得しているURL

等を、無料で確認することができます。


そして、Ubersuggestをオススメするポイントは3つあります。

  • 無料で使える
  • 検索ボリュームが詳細に見れる
  • サジェストキーワードを大量に取得できる



他のサジェストキーワードツールの難点を見事にクリアしているのです。

では、次は実際の使い方を詳しく見ていきましょう。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方

ここではUbersuggestの使い方を、

  1. Overview(概要)画面の見方
  2. サジェストキーワードのデータ取得方法

に分けて説明していきます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)はこちらから

1. Overview(概要)画面の見方

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)トップ画面

Ubersuggestのトップページの画面です。
「Enter in a keywords」に調べたいキーワードを入力し、右にある国の設定は「Japanase/Japan」に設定後、SEARCHを押します。

 

結果の画面です。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)結果画面

  • SEARCH VOLUME:対象キーワードの検索ボリューム
  • SEO DIFFICULTY:SEOで上位獲得の難易度、1~100で数が大きくなるほど難しい
  • PAID DIFFICULTY:収益化の難易度、1~100で数が大きくなるほど難しい
  • CUST PER CLICK[CPC]:推奨入札単価 ※¥表記だが実際は$

 

画面を下にスクロールしていきましょう。
Keywords Ideasでサジェストキーワードを確認することができます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト) サジェストキーワード 確認

 

SERP ANALYSISでは、対象のキーワードで検索上位を獲得しているURLを確認することができます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

 

2. サジェストキーワードのデータ取得方法

Overview(概要)画面の左にあるアイコンの1つ、Keywords Ideasをクリックしましょう。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト) Over View

 

このような画面に移ります。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

 

サジェストキーワードの個数を見ることができます。
ここでは「ブログ」というキーワードに対して、165個のサジェストキーワードが出ています。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

 

フィルター機能のボタンをクリック。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

サジェストキーワードに様々なフィルターをかけることができます。

Google AdsとGoogle Suggestのチェックボックスは、既定値(Google Suggestのみチェック)のままにしましょう。
サジェストキーワード以外の関係のないワードも引用されてしまいます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

 

サジェストキーワードの一覧をクリップボードにコピーできます。

Ubersuggest,ウーバーサジェスト

 

CSVファイルへのエクスポート。
ボタンを押すとファイルがダウンロードされます。

Ubersuggest,ウーバーサジェスト

 

以前のバージョンでも、CSVファイルでの文字化けが指摘されていましたが、今回のバージョンでも文字化けは起こっていました。
サジェストキーワードの並び順が先ほどの「クリップボードにコピー」したキーワードと同一のため、クリップボードから貼り付けるのが手軽な方法と言えそうです。

Ubersuggest,ウーバーサジェスト

 

ここまでが、Ubersuggestの主な使い方です。
画面左のアイコンのいくつかは、クリックしても仕様することができなかったため、今後新たに機能が拡張していく可能性もあるかもしれません。

無料で使用するならUbersuggestがオススメ

Ubersuggestの概要や使い方について解説しました。

有力なサジェストキーワードツールの1つには、Googleのキーワードプランナーが挙げられます。

しかし、冒頭にもあったように仕様が変更され、無料で見れる項目に制限が出てきました。


そのため、無料でサクッとキーワードサジェストや検索ボリュームを把握したい人にとってはUbersuggestが最も適したツールであるといえます。


リリースから間もなく注目を集め、新しいバージョンアップを経てさらに使いやすくなったUbersuggest。

今後の機能拡張にも注目しながら、うまく活用してみてください。

また、Ubersuggestの元となっており上位互換でもあるキーワードプランナーについて詳しく知りたい方は、下記のページも参考にしてみてください。
→キーワードプランナーの使い方と検索ボリュームの調べ方


画像は全てこちらか引用しています。
引用:https://neilpatel.com/ubersuggest/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐ「考え方とノウハウ」をメール無料講座で提供しています



様々な思いから「アフィリエイトをやってみよう」という方は数多くいます。
しかし、現状は「アフィリエイトに挑戦して結果を出せる人は5%に満たない」と言われています。


そこで、様々なアフィリエイトを研究し結果を出してきた僕たちが、人生を変えたいと思っている方々に向けて

  • アフィリエイトで結果を出すために必要な考え方

  • 1ヶ月で10万円を稼ぐノウハウ

  • 大きく分けて2種類に分かれる、結果を出せるアフィリエイトの選び方


など、5年以上に渡るアフィリエイトのノウハウを公開しています。
メールによるマンツーマンでのアドバイスもあるので、躓いても一緒に歩幅を合わせて学べるサポート付きです。

ぜひ、無料で学べる「アフィリエイト集中講座」を活用してアフィリエイトの基本を学んでみてください。

アフィリエイト集中講座はこちら

コメントを残す

*